話題のプラセンタは飲む?それともつける?

新しい美容成分が次々と誕生する中、依然として根強い人気を誇っているのがプラセンタです。プラセンタは、エイジングケアに役立つ成分として多くの女性たちの支持を得ていますが、その種類はいくつかに分類され、お肌に直接つけるタイプや飲むタイプなどがあります。
では、プラセンタを美容や健康に役立てる際には、どのようなタイプのプラセンタを選べばよいのでしょうか。

プラセンタに期待できる美容効果を知っておこう!

プラセンタの種類をご紹介する前に、まずはプラセンタに期待できる美容効果について知っておきましょう。プラセンタには、成長因子やアミノ酸、タンパク質、核酸、ミネラル、ビタミン、酵素などの成分が含まれています。
これらの成分は、私たちが若々しさを保つ上で欠かすことができないといわれ、とりわけ成長因子には細胞の新陳代謝を促す働きがあるため、エイジングケアに役立つと考えられています。
プラセンタの原材料は哺乳類の胎盤ですが、胎盤には赤ちゃんへ送り届ける栄養がたっぷりと含まれていますので、胎盤から抽出したプラセンタエキスにも、私たちの体内の細胞を活性化させる効果を期待できるというわけです。

私たちの細胞は、紫外線や活性酸素、加齢による皮下の美容成分(ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなど)の減少により、年々衰えて行きます。
そして、プラセンタエキスを体内に取り込むことが細胞の老化を予防し、エイジングケアにつながります。
そしてもうひとつ、新陳代謝機能を高めるプラセンタエキスには、ダイエットサポート効果も期待することができます。
ダイエットをすると栄養が偏ることが多く、新陳代謝が弱まりがちですが、ダイエットの際にプラセンタエキスをプラスすることが代謝機能のアップにつながり、ダイエットにも役立つと考えられます。

プラセンタにはどんな種類があるの?

日本国内では、ヒトプラセンタ、ブタプラセンタ、ウマプラセンタが用いられていますが、ヒトプラセンタは医療機関のみでの取り扱いとなっていますので、市販品には配合されていません。
また、植物性プラセンタや海洋性プラセンタと名がつく製品も販売されてはいますが、植物や海洋性生物には胎盤がありませんので、明確には、これらはプラセンタには分類されません。
つまり、プラセンタエキスを配合した市販の製品を選ぶ場合では、ブタプラセンタまたはウマプラセンタのどちらかを選択することになるということです。

では、ブタプラセンタやウマプラセンタの違いはどのようなところにあるのでしょうか?
まずブタプラセンタですが、ブタは年に2回、10頭前後の赤ちゃんを出産しますので、安価な製品が多いという特徴があります。一方で、ウマは年に1回、1頭しか出産しませんので、ブタプラセンタよりも高価な価格となっている製品が多いという特徴があります。
そして、気になるのがそれぞれのプラセンタに含まれる成分ですね。
ブタプラセンタ、ウマプラセンタともに上記でご紹介した成分が含まれているという部分では違いがありませんが、ウマプラセンタに含まれているアミノ酸は全般的にブタプラセンタよりも濃度が高いため、栄養価も高いと判断できます。

価格だけで考えるのであれば、ブタプラセンタのほうがお手軽に購入できますが、栄養価の部分を重視するのであれば、ウマプラセンタのほうがおすすめといったところでしょうか。
ただし、ウマプラセンタ製品であっても、製法によってプラセンタエキスの配合量が少なかったり、安全性に問題があったりする製品も存在している可能性があります。
プラセンタエキスを配合した製品は、ブタであればSPFブタ、ウマであればサラブレッドのプラセンタエキスを高濃度で配合し、衛生管理が整った工場で製造されていることを確認した上で選びましょう。

飲むプラセンタとつけるプラセンタ、選ぶならどっち?

それでは、飲むプラセンタとつけるプラセンタではどちらを選ぶべきなのか、目的別に分類して考えてみることにしましょう。
プラセンタには素晴らしい美容効果とともに、女性に現れやすい症状の改善にも役立つと考えられています。プラセンタの効果として筆頭に挙げられるのは細胞の活性化ですが、プラセンタには、自律神経のバランスの調整、ホルモンバランスの調整、免疫力向上、肝機能の向上など、健康に関するさまざまな効果も期待できるとされています。
この効果の部分から考えられることは、角質層の細胞を活性化させたいのであればプラセンタエキス配合の化粧品、美容効果に留まらず、身体の内部から若々しさを取り戻したいのであれば、飲むタイプのプラセンタがおすすめできるということです。

化粧品はその場で角質層に浸透しますので、とりあえずお肌の状態を整えることは可能です。ですが、化粧品は神経やホルモンに影響を及ぼすことはないと考えられますので、加齢によるホルモンバランスの崩れなどが原因となって起こっているお肌の悩みを改善したいのであれば、飲むタイプのプラセンタでないと対応が難しいでしよう。
ただし、飲むタイプのプラセンタに含まれる成分は、一旦肝臓で分解・代謝されたのちに血液によって全身に運ばれますので、効果が現れるまでには少々時間がかかるというデメリットがあります。

このように、プラセンタエキスを配合している製品にはそれぞれに異なった特徴があります。
プラセンタエキスを飲むのか、それとも沿お肌につけるのかという点で迷ったのであれば、角質層のケアだけでいいのか、それとも身体の内部からケアを行いたいのかという部分を考え、じっくりと検討してみることをおすすめします。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る